元広島北ロータリークラブ会員、北田和広氏におかれましては、2011年10月2日、ご逝去されました。享年74歳でした。 北田氏の生前のご活躍を偲びつつ、謹んで哀悼の意を表します。
北田 和広

≫拡大
<作品について>
題名 『厳島神社・本社殿』
世界的な知名度のある聖地、神の島・厳島。
瀬戸内海に浮かぶこの厳島は、背後の弥山の原始林と紺青の海、この海に建つ高さ約16メートルの朱の大鳥居と社殿など自然と人工美が一体となって、平安期の優雅な姿を今も漂わせています。広島の誇る世界遺産です。
画    歴
1937 大阪市西淀川区に生まれる
1956 武蔵野美術学校に学ぶ/山口長男に師事
1965〜74 広島青年アンデパンダン展に出品
1970 勤労者美術展・労働大臣賞受賞/日展、光風展初入選
1973 県展・文部大臣奨励賞受賞(以後他2回受賞)
1974 文化庁主催・県展選抜展出品
1975 スペイン、フランス、イタリア、スケッチ旅行以後隔年、ギリシア、フランス、メキシコ、イタリア、西ドイツ、中国、トルコ、ギリシア、エジプト、イタリア、オランダ、ベルギー、スペイン、ポルトガル、フランスなど/個展
1976 光風奨励賞受賞/パリ、ル・サロン展受賞
1978 日洋展・三越奨励賞受賞/個展/翔展出品(〜80まで)
1979 素描展/光風会会友推挙
1980 光風会友賞受賞/個展
1981 素描展/光風会会員推挙/個展/第1回セントラル美術館油絵大賞展入選
1982 庄原市老人ホーム壁画制作/県美展審査/素描展
1983 中国新聞夕刊小説「聖なる河」挿絵連載
1984 第27回安井賞展入選(85、86、87も)
1985 第1回具象絵画ビエンナーレ展出品
1986 日展会友推挙/素描展/第18回日展特選受賞
1987 第19回日展無鑑査出品
1988 ヒロシマアートグラント'88受賞/受賞記念大作展/厳島思考展/県美展40年の歩み展
1989 第9回核戦争防止国際医師会議世界大会ポスター作成/ふるさとの心を描く、民具・神楽・厳島展/海と島展/日中友好広島市文化交流派遣員で訪中
1990 2人展/紺綬褒章受賞(93、94、95も)
1991 現代の美術・今日の情況展(95、99、03も)/県美展運営審議委員/県美展審査/東広島市美術展審査/ひろしま美術展
1992 安田火災美術財団奨励賞受賞/広島の画家100人展/庄原市ゆかりの画家展/神楽・舞楽の舞展
1993 安田火災美術奨励賞展招待出品/県北の画家達展(以後毎年)/ふるさと切手「花田植」原画制作
1994 宮島口地下道壁画制作/広島文化賞フェスタ/アートグラント受賞作家展
1995 光風会員賞受賞(97も)
1996 広大医学部広仁会館壁画制作
1997 世界遺産登録記念・厳島神社作品奉納/三良坂平和美術展(以後毎年)
1998 世界遺産・厳島を描く展
1999 厳島との対話展/広島の70人展/平安の雅きこえる展/画文集刊行/ヨーロッパ浪漫紀行展
2000 老人福祉事業功労広島県知事表彰/創建800年八千代厳島神社絵馬奉納/第32回日展特選受賞
2001 第33回日展無鑑査・全国巡回基本作品(以後毎年)/画文集挟行/ヨーロッパ浪漫紀行凝検深匆颪鯡世襪する絵画展(以後毎年)/更生保護チャリティー絵画展(以後毎年)
2002 広島の絵画110人展/呉清明園壁画制作/美術史の旅が奏でる展
2003 広島文化賞受賞
2004 画文集郡行/ヨーロッパ浪漫紀行慧
2006 広島県教育賞受賞/第92回光風会展 文部科学大臣賞受賞/第38回日展 審査員就任
2007 世界遺産登録10周年記念・厳島を描く展
2009 広島市政文化功労者表彰
2010 永遠の厳島を追って北田和広展
2011 10月2日自宅にて逝去 享年74歳

光風会評議員、日展委嘱、日本美術家連盟会員、中国新聞情報文化センター講師、北翔会主宰